So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁(産経新聞)

 平成21年8月の衆院選公示前、運動員に報酬を支払う約束をしたとして公選法違反(買収)の罪に問われた元衆院議員、武山百合子被告(62)の判決公判が2日、さいたま地裁で開かれた。若園敦雄裁判長は「ルールに反してでも当選しようとした犯行で、身勝手」として、懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 若園裁判長は判決で「選挙の公正さを損なった程度は少なくない」と指摘。一方、執行猶予を付けた理由について、武山被告が被告人質問などで政界引退を表明したことなどを挙げた。

 武山被告は、平成5年の衆院選で日本新党から出馬し初当選、衆院議員を4期務めた。17年の衆院選は民主党公認で、21年は無所属で出馬し、いずれも落選していた。

【関連記事】
公選法違反の武山元議員に1年6月求刑 さいたま地裁 
武山元衆院議員を公選法違反容疑で起訴
武山容疑者の事務所など家宅捜索 「期待裏切り許せない」との声も
武山元衆院議員を逮捕、公選法違反の疑い
運動員買収容疑で武山元議員を逮捕 埼玉県警

<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
小沢氏続投「甘すぎる」、野党強く批判(読売新聞)
「作品に大きな啓発力」=故平山郁夫さんのお別れの会(時事通信)
両陛下、メキシコ大統領夫妻と会見(時事通信)
ねずみ講「ライブリー」元幹部ら3人起訴、1人は不起訴に(産経新聞)

山崎氏、離党せず=自民(時事通信)

 自民党の山崎拓前副総裁(73)は4日午後の山崎派総会で、「民主党の独裁政治に断固、対抗し、自民党の再建を図りたい」と述べ、離党しない考えを表明した。同氏は夏の参院選比例代表での公認を求めていたが、党執行部は「70歳定年制」を理由に公認しないことを決めたため、一時、離党が取りざたされていた。
 総会に先立ち、同派の田野瀬良太郎総務会長は谷垣禎一総裁と会い、山崎氏の意向を伝えた。 

【関連ニュース】
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」
小沢氏「もう少し頑張る」=参院選に全力
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認

全長150メートル… 日光市の雲竜渓谷で「氷の竜」出現(産経新聞)
<初積雪>東京都心でうっすら 松本や前橋も(毎日新聞)
保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)
阿倍野で民家火災(産経新聞)
格安タクシー5社が提訴へ 運輸局の走行250キロ規制(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。