So-net無料ブログ作成

<赤ちゃんポスト>シェルター整備などを要望 熊本県知事ら(毎日新聞)

 親が育てられない子を匿名で受け入れるため熊本市の慈恵病院が設けた「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)を巡り、蒲島郁夫・熊本県知事と幸山政史・熊本市長が24日、厚生労働省に妊娠・出産対応のシェルター(一時保護施設)整備などを要望した。これまで預けられた子供51人の過半数は、母親の居住地が九州以外と判明しており、両首長は「全国的な問題として、国も対応に関与してほしい」と訴えた。

 要望では、子供の権利を守る観点から、国の妊婦に対する相談体制や里親制度などに改善の必要があると指摘。具体策として▽分娩(ぶんべん)機関が妊娠と出産を保健所に届ける制度の導入▽周産期医療機関にソーシャルワーカーなどの配置義務付け▽里親への手当ての充実−−などを求めた。

 山井和則厚労政務官は「国としてやれることを検討したい」と述べたものの、県と市が続けている検証への参加などの積極関与には慎重姿勢を示した。【清水健二】

【関連ニュース】
’10県予算から:望まない妊娠予防対策 背景など初めて分析 /熊本
蒲島知事・熊本市長:耕作放棄地再生、合同庁舎も要望 民主党に /熊本
シンポジウム:赤ちゃんポスト 「子供を守る」活発議論 /熊本
赤ちゃんポスト:運用検証、専門部会で一括化−−熊本市 /熊本
赤ちゃんポスト:男児預けられる 設置以降12人目 /熊本

【風】近畿の2路線は観光利用増加?(産経新聞)
<訃報>坂田泥華さん94歳=萩焼陶芸家(毎日新聞)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
東急運転士がわいせつ!8万円窃盗も(スポーツ報知)
<五輪フィギュア>元気もらった 9歳で逝った子から安藤(毎日新聞)

関東、九州で春一番=昨年より12日遅い−気象庁(時事通信)

 気象庁は25日、関東地方で春一番が吹いたと発表した。昨年より12日遅かった。
 春一番は立春から春分までの間に吹く強い南風。この日は沿海州にある低気圧が発達しながら東北東へ進んだため、南からの風が強まり、気温が上昇した。東京では午後4時54分に最大瞬間風速14.4メートルを記録した。
 また、福岡管区気象台も同日、山口・九州北部地方で春一番が吹いたと発表した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
春は全国的に気温高め=北日本は冷夏か
エルニーニョ、春から夏に終息へ=冬の気候、影響弱く
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報

警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を… (産経新聞)
金剛峯寺新法印に田島大僧正(産経新聞)
登校の児童5人、校庭で犬にかまれけが(読売新聞)
14隻にも長時間の空白=羅臼漁協、違法操業を隠ぺいか−国後島沖銃撃・北海道調査(時事通信)
バス接触の女性死亡、運転士を逮捕 大阪(産経新聞)

19年分でも不起訴処分 小沢氏不記載(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は、平成19年分の政治資金収支報告書に虚偽記載をしたとして、市民団体に同法違反罪で追加告発されていた小沢氏について改めて不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

 告発状などによると、小沢氏は元会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規被告(48)らと共謀。19年分の陸山会の収支報告書に、自身への借入金返済の4億円と関連政治団体からの寄付計1億5千万円を記載しなかったほか、関連政治団体からの寄付計7千万円があったように装い、虚偽の記載をしたとされる。

【関連記事】
“凋落”民主…身内から次々と責任追及のイヤミ
民主選対、大ブレーキ「説明ナシ」小沢氏に「恫喝」石井氏
小沢氏が波紋呼ぶ発言「考えるところある」
小沢氏、平成19年分の政治資金虚偽記載でも不起訴処分に 東京地検
共産・穀田氏、「小沢氏を潔白だと誰が信じているのか」 

ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)
特別入基料の要件に追加項目を―自治労(医療介護CBニュース)
おいしい・ヘルシー…お役所食堂の人気上昇(読売新聞)
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増−虐待も最多更新・警察庁(時事通信)
「撮り鉄」問題で大阪府警が見分=鉄道営業法違反で立件も(時事通信)

<職能総合大学校>厚労相が売却方針固める(毎日新聞)

 長妻昭厚生労働相は19日、同省所管の独立行政法人「雇用・能力開発機構」が雇用保険料によって運営している「職業能力開発総合大学校」(神奈川県相模原市)を売却する方針を固めた。敷地の売却益は約100億円を見込んでおり、政府の行政刷新会議が独法や公益法人を対象に4月にも始める「事業仕分け第2弾」を前に、同省独自の改革をアピールする狙いがある。分校の東京校(東京都小平市)に統合し、定員や教育課程は大幅に見直す。

 同校は全国の職業能力開発短期大学校などの指導員を養成する課程を持つが、民間に就職する卒業生が増え、自公政権の08年、政府の行政減量・効率化有識者会議が民営化か廃止を求める報告書をまとめている。昨年11月の事業仕分けでも「廃止を検討すべきだ」と指摘された。【塙和也】

【関連ニュース】
団地の地盤沈下:愛知県の責任認めず 名古屋高裁
インドネシア:熱帯雨林が温室ガス排出? 北大など研究
ハイチ大地震:JICA医療チームが到着 本格救援開始へ
枝野行政刷新相:独法改革、ゼロベースで−−インタビュー
論戦:衆院予算委 国交相「日航の天下り体質、払しょくを」

西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
<不正アクセス>和歌山の小6女児を補導 徳島県警(毎日新聞)
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示(産経新聞)
<死体遺棄>凍った乳児2遺体 愛知のスーパーに(毎日新聞)
小坂、佐藤ゆかり氏公認へ=参院比例代表で自民(時事通信)

山内議員元秘書を逮捕 架空の投資話で3千万円詐取容疑(産経新聞)

 架空の投資話で会社役員から約3千万円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課と麹町署は詐欺の疑いで、山内康一衆院議員(みんなの党、比例)の元公設秘書の神武幸容疑者を逮捕した。

 神容疑者は、別の元社長にも貸金返還訴訟を起こされるなどしており、同課で被害金額の特定を進める。

 同課の調べによると、神容疑者は平成20年4月、東京都目黒区内の会社役員に対し、「外資系銀行の経営を立ち直らせるために資金が必要」などと架空の投資話を持ちかけ、約3千万円をだまし取った疑いが持たれている。神容疑者は「12%の利子をつけて返済する」と約束していたが、期日を過ぎても返済されなかった。

 会社役員が21年1月、神容疑者を相手取り東京地裁に貸金返還を求め提訴。警視庁にも詐欺罪で刑事告訴していた。

 神容疑者をめぐっては、別の元社長も事務所費名目で約4千万円をだまし取られたとして、東京地裁に貸金返還訴訟を起こしており、現在、係争中。訴訟資料などによると、神容疑者は元社長に対し「ウズベキスタンへの投資で生じた利益を組合員に配分する投資事業組合を運営している」と説明。「投資事業組合には自動車メーカーやIT企業ら著名な会社経営者も出資している」とし、元社長を信用させたとされる。神容疑者はこの訴訟で「投資事業組合は将来始める予定だった」などと証言している。

 山内議員事務所によると、神容疑者は金融機関に勤務後、別の国会議員の秘書を経て、17年11月から山内議員事務所の公設秘書として勤務。政治資金の管理などを担当していた。20年9月に別の金銭トラブルが発覚し、退職したという。

【関連記事】
みんなの党 山内氏を北関東比例で公認へ 
「みんなの党」結成届け出 衆参5人が参加
「みんなの党」結党 公認・推薦合わせ15人擁立
自民離党の山内氏、1区で出馬か? 栃木
小泉チルドレン、自民・山内氏が離党届

「政治とカネ」で説明促す=首相、小沢氏に電話(時事通信)
東大阪市が国民健康保険料 10億円“取りすぎ”(産経新聞)
<織田信長>公居館跡地に「手水」の穴 岐阜市教委(毎日新聞)
平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴−東京地裁(時事通信)
山スキーの4人発見、自力下山=1人は病院へ−長野県警(時事通信)

「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも−警察庁(時事通信)

 警察庁は18日、警察に寄せられる相談のすべてを記録に残し、署長ら所属長への報告も徹底するよう全国に指示することを決めた。相談への対応に苦情が寄せられた事案で記録が作成されていないケースが散見されたためで、警察の対応が必要ない場合でも記録と報告を怠らず、所属長が把握して適切に指揮監督するよう徹底させる。
 1999年に埼玉県桶川市で女子大生がストーカー被害を受けた末に殺害された事件を受け、警察庁は翌年、相談担当者を置き誠実な対応をすることなどを指示した。しかし、不適切な相談対応はその後も一部で発覚し、同庁は改めて通達を発出。記録と報告の徹底に加え、相談担当の部署で情報を集約することなどを明記する。
 一方、宮城県石巻市で少年が元交際相手の少女の姉らを殺傷したとされる事件では、少年の暴力に関する相談が過去12回県警に寄せられていたことから、同庁は県警の対応を検証する。被害届を出すよう再三少女側を説得し、記録も残されていたが、3人が死傷した結果を重視した。 

<厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
大阪市の生活保護20人に1人、転入が後絶たず(読売新聞)
NY原油急反発、76ドル台(時事通信)
助産外来と院内助産の課題、「助産師育成」が7割(医療介護CBニュース)

<迷惑鉄ちゃん>「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響(毎日新聞)

 14日午前10時40分ごろ、大阪府柏原市のJR関西線河内堅上駅近くの線路脇にカメラを持った男性ら3人がいるのに、加茂発天王寺行き快速電車の運転士が気づいて停車。直前に回送電車の運転士が同じ場所で線路に立ち入っている約50人を目撃しており、別の普通電車も人影に気づいて停車した。上下計19本が運休、26本が最大約40分遅れ、約1万3000人に影響した。

 団体客専用の臨時列車「あすか」の運行があり、鉄道ファンらが撮影に集まったらしい。JR西日本と府警柏原署によると、快速電車の運転士が退去を求めたが数人が聞き入れず、周辺駅から応援の駅員を呼んだり、パトカーが出動する騒ぎになった。全員立ち去ったが同署が列車往来危険容疑で調べている。

 あすかは車内を座敷に改装した珍しい車両。運行が年数回のため、撮影しようと人気が高いという。この日乗車した男性(21)は「線路脇の斜面で撮影している人もいて危険だった。大半のファンはマナーを守っており、同一視されるのは迷惑」と憤慨。JR西は「鉄道好きだからこそ、マナーを守ってほしい」と話している。【茶谷亮】

【関連ニュース】
名古屋市営地下鉄:線路に女性、はねられて死亡…伏見駅
列車往来危険:「受験でストレス」踏切に自転車…中3逮捕
山手線:線路内に男性 緊急停止3万人に影響
JR京浜東北線:男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響
JR福知山線脱線:元2部長の不起訴不当議決 検察審

薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)
陸自PKOが作業開始=ハイチ復興支援(時事通信)
陸自連隊長を注意処分=「首相批判の誤解招いた」−防衛省(時事通信)
<党首討論>「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相(毎日新聞)
「50歳」 まだまだ現役 明石のプラネタリウム(産経新聞)

インフル患者、さらに減少=週推計22万人−感染研(時事通信)

 1日から7日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり4.26人で、前週(6.46)からさらに減少したことが12日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約22万人で、夏以降の累積は推計約2028万人。ほとんどが新型とみられる。
 都道府県別では山梨(10.70)、福井(10.53)、沖縄(10.12)、埼玉(7.61)、静岡(7.27)の順に多い。秋田を除く46都道府県で前週より減少した。 

【関連ニュース】
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
インフル患者、6週連続減少=ほとんど新型

輸入ワクチンの安全性調査=国立病院機構の600人接種(時事通信)
電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)
不況に夢「家のローン一括返済」 グリーンジャンボ宝くじ発売(産経新聞)
自転車で加害者に… 各種保険の「特約」で安心(産経新聞)
「7人の弁護士」がそれぞれ最終弁論 足利再審(産経新聞)

<銃弾?入り封筒>東京地検に届く 小沢氏の捜査に抗議か(毎日新聞)

 東京都千代田区霞が関の東京地検にライフル弾とみられる金属が入った封筒が郵送されていたことが分かった。警視庁丸の内署によると、封筒には民主党の小沢一郎幹事長について「どうして逮捕しなかったのか。次は実弾を送るぞ」と、捜査に抗議する趣旨の手紙が同封されていた。同署は脅迫容疑で捜査している。

 同署によると、封筒は12日に東京地検の集配係が開封。ライフル弾は信管と火薬が抜いてあった。消印は10日付で都外から投函(とうかん)されていた。差出人の記載はなかった。

 昨年12月以降、小沢幹事長の事務所や自宅に銃弾のようなものが送られる事件が続いており、警視庁は関連を調べる。【町田徳丈】

【関連ニュース】
首相官邸:実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
脅迫:官邸と小沢氏に銃弾?入り封筒
作品展:封筒もバレンタイン 個性豊かな50点−−盛岡で画家、主婦ら /岩手
強盗:現金入り封筒奪う 刃物突きつけられ−−浜松・スーパー店外ATM /静岡

折り畳み自転車に注意、ハンドル外れ骨折も(読売新聞)
<浜崎あゆみさん>自宅に脅迫状 恐喝未遂容疑で男逮捕(毎日新聞)
「吉野家」に強盗 刃物男が18万円奪う 東京・浅草橋(産経新聞)
<首里城花まつり>9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)
<神奈川歯科大詐欺>元理事の被告 一部無罪主張 初公判で(毎日新聞)

民主沖縄県連が普天間移設で独自案をとりまとめへ(産経新聞)

 民主党沖縄県連は15日、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に関する党県連独自の案をまとめる方針を固めた。玉城デニー衆院議員(沖縄3区)が同日、防衛省の榛葉賀津也副大臣と会談し、移設先を検討している政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に県連案を提示する意向を伝えた。

 玉城氏は会談後、記者団に「米領グアム島案、嘉手納基地統合案、シュワブ陸上案などが社民、国民新の各党から提案されるが、それ以外がテーブルに乗らないのでは協議にならない」と語った。

【関連記事】
社民党首、普天間移設先の県外候補地は明示見送りも
防衛政務官、普天間移設で嘉手納統合案に含み
揺らぐ日米関係 アジア・大洋州地域の憂鬱
普天間移設先「検討委で絞り込まず」 平野官房長官
政権こそ安保50年の意味を学べ 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

過去最高の死刑容認、重く受け止めると法相(読売新聞)
<浮島現象>タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
鳩山内閣支持率30%台突入 政権「危険水域」迫る?(J-CASTニュース)
橋下知事、国交省「伊丹空港フル活用」を批判(読売新聞)
広島の無人島落札者、隣島の運送業者だった(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。